展示



※画面をクリックすると拡大します

 
 
 身分制度が厳しかった江戸時代、徳島の農村には、初期から半士半農といえる郷鉄砲という役が置かれていました。一宮家文書を中心に郷鉄砲の役割とその生活を紹介します。


期 間 令和4年10月25日(火)〜令和5年1月29日(日)
場 所 会場:徳島県立文書館 2階 展示室 入場無料
休館日 毎週月曜日(※祝日の場合は翌日)・毎月第3木曜日 
展示解説 令和4年11月3日(木・祝)・12月9日(金)
令和5年1月15日(日)・午後1時30分〜







続きを読む